勤務日を替わってもらう

看護師の就職勤務について
看護師というのは、一人でも欠けると、想像以上に大きな負担が現場にかかってしまい、一人ひとりに対する責任が大変重い職業です。
そのようなことがないように、勤務表は前の月に決められます。
それでも、急な発熱など避けられない事態には、勤務日を替わってもらうことができます。

勤務表が決まった後で、どうしても断われない用事が入ってしまったら、同僚に頼んで替わってもらったり、上司に相談して勤務表を組み直してもらったりしています。
実際には、若い独身看護師の方が、交替要員として声をかけられることが多いようです。
「年功序列」はどの職場にもつきのもです。

aaa