助産師

助産師とは、女性の妊娠や出産に関する監督やケアなどを行います。
助産師になるには国から正式に認可された助産教育課程に正規に入学し、助産学の所定の科目を履修して看護師資格を取得しなければいけません。
看護師免許をべースとして、さらに助産師養成課程( 1 年間)で勉強をして、助産師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者を助産師といいます。

助産師の受験資格について・・・
助産師の受験できる条件は看護師国家試験に合格した者、保健師助産師看護師法第21条各号のいずれかに該当する者又は同法第53条第1項に規定する者であって、かつ、次のいずれかに該当するものと定められています。
1.文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校(以下「指定学校」という。)において6月以上助産に関する学科を修めた者(平成18年3月20日(月曜日)までに修業する見込みの者を含む。)
2.文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、厚生労働大臣の指定した助産師養成所(以下「指定養成所」という。)を卒業した者(平成18年3月20日(月曜日)までに卒業する見込みの者を含む。)
3.外国の助産師学校を卒業し、又は外国において助産師免許を得た者であって、厚生労働大臣が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めたもの

aaa